基本から学ぶ

終活を考えている人は、何が必要なのか学ぶことが大切です。まずは、終活のはじめ方から勉強していきましょう。納得できる人生の楽しみ方が見えてくるはずです。基本を押さえておかなければ、良い終活を行うことはできないでしょう。

終活のはじめ方

身の回りの片付け

基本的に身の回りにある不要なものから片付けていきましょう。身の回りを整理して、スッキリさせることが大切なのです。余計なものがなくなれば、頭をクリアにすることができます。自分の人生について真剣に考える環境が整うのです。

葬儀についての準備

身の回りの片付けが済んだら、葬儀の準備もしておきましょう。最近では、生前契約を結ぶことが増えてきています。家族と相談しながら、どのような葬儀を行うか決めておきましょう。事前に葬儀の契約を結んでおけば安心できます。

遺影を残しておく

葬儀の生前契約と同時に、遺影の撮影も行っておきましょう。葬儀を行う際に、遺影がないといったトラブルを避けることができます。納得できる遺影を残しておけば、後悔することもありません。お気に入りの一枚を事前に撮影しておくと良いでしょう。

必要なものを揃える

墓石や位牌など、死後に必要となってくるものを揃えておくようにしましょう。値段なども見ながら、負担のない範囲で揃えるのが大切です。死後に用意すると、遺族の負担となることもあります。事前に揃えておきましょう。

ノートを書く

終活をする場合、エンディングノートを書くことが多いでしょう。また、終活を始める人の多くがエンディングノートをどう書いて良いのか分からずに困っているのです。今回はエンディングノートに書くべきことをリストアップしていきます。チェックしておきましょう。

エンディングノートに書くべきこと

  • 生年月日
  • 住所
  • 本籍
  • 血液型
  • 介護に関すること
  • 葬儀に関すること
  • 財産に関すること
  • 保険に関すること
  • 家族へ言いたいこと

値段を見ながら気に入った位牌を見つけよう

合掌

家族と相談する

大阪では、終活を始める場合、まずは家族に相談する人が多いと言われています。自分一人では、納得できる終活を行うことはできないでしょう。家族の力を借りて初めてきちんとした終活が行えるようになるのです。何事も自分一人で判断せずに、困ったことは家族に相談するようにしましょう。後からトラブルが起こるのも防げます。

基本的な準備

終活では、様々な準備が必要となります。位牌や墓石なども準備しておく必要があるでしょう。元気な内に用意しておけば、自分が亡くなった後に家族に負担をかけずに済むようになります。値段なども見ながら必要なものを揃えていきましょう。値段とクオリティのバランスを見ながら位牌や墓石を購入するようにします。

業者を利用する

専門の業者を利用すれば、スムーズに終活を進めることができます。家族との相談でも解決できない問題は、業者に任せるようにしましょう。的確なアドバイスで、問題を解決してくれます。自分の人生についても、より深く考えることができるようになるでしょう。どうしても分からないことがあれば、プロに頼るのが一番なのです。

一人で始めない

終活で最も重要なことは、一人で始めないことです。間違った方向に進んでしまった時に、後戻りできなくなります。家族や業者と相談しながら終活を行いましょう。

広告募集中