不動産投資信託で安定した収入【確かな情報でウハウハ高収入】

不動産

不動産投資の基本

求められる専門知識

不動産

不動産投資にはさまざま種類があります。まず投資する対象不動産の形態からみた場合、土地、マンション、ビル、ホテル、商業施設、駐車場、リゾート施設、工場などが挙げられます。投資の目的から見ると、安定した家賃収入(いわゆるインカム・ゲイン)を目指すもの、将来的な値上がりによる売却益(いわゆるキャピタル・ゲイン)を狙うもの、節税対策、相続対策などがあます。不動産市場を取り巻く経済や社会の環境は、年々複雑化しており、今後もその傾向は続くと考えられます。そのため、十分な知識と経験を持った不動産投資コンサルなどの専門家の存在意義が高まっています。信頼できる不動産投資コンサルをパートナーに選べるかどうかが、投資の成否を左右する重要な要素の一つといえます。

投資の留意点

不動産投資コンサルは、大きく三つの種類に分かれます。大手の不動産会社などに属するコンサルティング部門、ある程度の規模の組織でコンサルタント業務を行う独立系の会社、個人事務所に近いフリーのコンサルタントです。大手の場合、比較的信頼性は高まりますが、薦めらられる投資対象が自社の関連物件に偏る傾向があります。一方、個人事務所に近くなっていくと、コンサルタントの実力や信頼性に大きな差が出てくる傾向にあるといえます。いずれにしても不動産投資コンサルの選択には十分な検討が必要です。同時に、投資を成功に導くには、すべてをコンサルタント任せにするのではなく、自分自身もできるかぎり専門知識を身につけ、継続的な情報収集を欠かさないことが大切です。